【比較】紙の漫画 VS 電子書籍【結論:使い分けが便利】

こんにちは、普通のアラサーリーマンのアズキです。

皆さんは漫画を読みますか?
最近は『鬼滅の刃』『呪術廻戦』なんかが特に流行っていますよね。
僕も好きで読んでいます!

昔は本屋に行って漫画を買うのが普通でした。
でも今は電子書籍という選択肢もあります。

そうすると「紙と電子書籍はどっちがいいんだ?」論争が勃発します。

  • 「紙の質感が大事」
  • 「電子書籍は便利」

色んな意見がありますよね。
どれも正しいと思います。

ちなみに僕は「使い分けるのが正解」だと思っています。
本記事ではその理由を、メリット・デメリットを通して紹介します。

~筆者のアズキについて紹介~

  • 漫画を1000冊以上読破
  • 紙の漫画歴16年
  • 電子書籍の漫画歴5年
目次

『紙』の漫画のメリット

『紙』の漫画のメリットまとめです。

メリットまとめ
  1. 所有感がある。
  2. 人に貸せる。
  3. 売ることが出来る。
  4. 実態がある。

メリット① 所有感がある

本棚一面の漫画!

圧巻ですよね。漫画が好きな人は憧れではないでしょうか。
巻数の多い漫画は特に揃えたくなりますよね!
僕も『ジョジョの奇妙な冒険』や『ONE PIECE』なんかは紙の漫画を揃えています。

この所有感を持つという感覚は愛着につながります。

また、データで買うと「サービスが終了したら使えなくなるのでは…?」という不安がありますが、紙の本は半永久的に所有できます。

メリット② 人に貸せる

「この漫画メチャクチャ面白い!友達にも教えたい!」

そのようなときに、紙の漫画は貸すことが出来ます。

「電子版は複数人で一つのアカウントを共有すればいいのでは?」

そういう意見もあるかもしれませんが、規約違反になる可能性が高いです。

家族との共有:〇
それ以外の人と共有:×

上記パターンが多いので、利用規約はよく読んで利用するようにしましょう。

メリット③ 売ることが出来る

「この漫画はもう読まないかな…」
そうなったときに売ることが出来ます。

電子書籍版でも、返品することが出来る場合もありますが、条件を満たしていなければ出来ません。

「読みたいけど、なるべく安く済ませたい」

そんな人は、「読んですぐ売る」という選択肢もあります。

メリット④ 実態がある

多くの人は昔から「本といえば紙」というイメージがありますよね。
小さいころから学校の教科書なんかは紙なので、やはり「紙の本」は馴染み深いです。
(これから教科書も電子化されていくだろうけど)

  • 「紙の質感が大切!」
  • 「画面越しだとなんだかしっくりこない」
  • 「紙の本じゃないと頭に入らない」

そのような「紙の本」の手触り、におい、紙の音。
五感を多く使って本を読みたい人には紙の本がオススメです。

『紙』の漫画のデメリット

『紙』の漫画のデメリットまとめです。

デメリットまとめ
  1. 場所を取る。
  2. 経年劣化する。
  3. 持ち運びが不便。
  4. 売り切れ。

デメリット① 場所を取る

おそらく紙の漫画の一番の弱点がこの「場所を取ること」です。

先ほど触れましたが、『ジョジョの奇妙な冒険』や『ONE PIECE』のような巻数の多い漫画は、すぐに本棚が埋まります。

本棚が埋まったから、また別の本棚を準備する…
これを繰り返すと今度は部屋が埋まります。

漫画部屋を用意できるほどの財力があれば解決しますが、現実的ではないですよね。

なので、保管場所が少ない人には厳しいかもしれません。

デメリット② 経年劣化する

保管の状態が悪いといつの間にか劣化して変色します。
僕が最初に集め始めた漫画は『ONE PIECE』だったのですが、1巻とかはもうボロボロです。

  • 日光の当たらない位置に置く。
  • 乾燥剤等で湿気を防止する。
  • 防虫剤を置く。

保管をちゃんとする場合、このような対策をする手間が必要です。

また、それでも空気に触れてるだけで酸化するので、完全には防げません。

デメリット③ 持ち運びが不便

シンプルにかさばります。
外出先で読む目的で、1~2冊持っていくだけでも結構ジャマです。
大きめのバッグを使う必要があります。

そして外出先で読むとなると、人目が気になって自由に読めないなんてこともありますよね。

また、大人買いしたい場合は買うことすら大変です。
本屋でやると少し恥ずかしいですよね。
ネットで注文すれば問題ないかもしれませんが、家の中でしまう時も一苦労です。

デメリット④ 売り切れ

「発売日メチャクチャ楽しみにしてたのに売ってない…」

こんな経験ありませんか?
最近だと『鬼滅の刃』が売り切れで買えなかった時期とかありましたよね。

このように、人気が出ると売り切れて買えないことがあります。

また、売り切れとは少しニュアンスが違いますが、ネットで注文すると発売日に届かないこともあります。

『電子書籍』の漫画のメリット

『電子書籍』の漫画のメリットまとめです。

メリットまとめ
  1. 場所を取らない。
  2. 書籍データが安い。
  3. 持ち運びが楽。
  4. 売り切れが無い。

メリット① 場所を取らない

おそらく電子書籍で一番のメリットはこの「場所を取らないこと」ではないでしょうか。

例えば、漫画が大大大大大好きな10000冊の所有者がいたとします。
10000冊もあると、部屋が埋まるレベルの量ですよね。
しかし電子書籍なら、手元の端末一つだけで10000冊でも読めます。

また、紙なら冊数が増えるほど重さも増えていきますが、電子書籍はいくら増えてもせいぜい100~300g程度で済みます。

メリット② 書籍データが安い

利用するサービスによりますが、紙よりも電子書籍のデータが安くなることもあります。

例えば『kindle』なら約30円くらい安いです。
「30円だけかよ」って思うかもですが、10巻、20巻と積み重なってくると結構値引きになりそうですよね。

他にも僕が利用している『BookLive!』は毎日引けるクーポンで10%~20%オフになります。

Kindle

Kindle

無料posted withアプリーチ

BookLive!

BookLive!

無料posted withアプリーチ

メリット③ 持ち運びが楽

先ほどの「場所を取らない」メリットで触れましたが、端末一つあれば持っている書籍をすべて持ち運べます。
端末がスマホなら必然的に持ち歩きますよね。

なので好きな時に、好きな漫画を読むことが出来ます。

また、紙と違って表紙も外から見えないので、人目を気にせず読むこともできます。

メリット④ 売り切れが無い

「人気すぎて発売日に売り切れてた。」

電子書籍には「売り切れ」がありません。

また、利用するサービスにもよりますが発売日の0時から読めます。
「発売日楽しみすぎて早く読みてええええ」という人にはおススメです。

『電子書籍』の漫画のデメリット

『電子書籍』の漫画のデメリットまとめです。

デメリットまとめ
  1. ブルーライトの影響がある。
  2. 貸すことが出来ない。
  3. 売ることが出来ない。

デメリット① ブルーライトの影響がある

寝る前についつい漫画を読んだりしませんか?
その際、電子書籍を読むために使う端末からはブルーライトが発生します。

このブルーライトは寝る前に浴びると、メラトニンという睡眠ホルモンを抑制する働きがあります。

その結果、睡眠の質が悪くなります。
睡眠の質が悪くなると、日中眠くなったり、パフォーマンスが低下します。

デメリット② 貸すことが出来ない

電子書籍のデータは、他のアカウントに貸すことはできません。
それでは売り上げが増えないので当然ですよね。

『紙』の漫画のメリットで触れましたが、アカウント共有は基本的に利用規約違反なので気を付けましょう。

デメリット③ 売ることが出来ない

電子書籍のデータは売ることが出来ません。

  • 「思ってたのと違った。」
  • 「読んでみたらつまらなかった。」

上記の場合は売ることが出来ないので、よく検討してから買わないと損する可能性があります。

ただ、「間違えて買った」という場合はページを開いていなければ返品できる可能性はあります。
利用しているサービスを確認しましょう。

まとめ:使い分けが便利!

『紙』の漫画と『電子書籍』の漫画のメリット・デメリットをまとめます。

『紙』の漫画

メリットまとめ
  1. 場所を取らない
  2. 書籍データが安い
  3. 持ち運びが楽
  4. 売り切れが無い
デメリットまとめ
  1. 場所を取る。
  2. 経年劣化する。
  3. 持ち運びが不便。
  4. 売り切れ。

『電子書籍』の漫画

メリットまとめ
  1. 場所を取らない。
  2. 書籍データが安い。
  3. 持ち運びが楽。
  4. 売り切れが無い。
デメリットまとめ
  1. ブルーライトの影響がある。
  2. 貸すことが出来ない。
  3. 売ることが出来ない。

結論

『紙』と『電子書籍』

考えた結果、両者それぞれにメリット・デメリットがあります。

なので、どちらか一方を選ぶのではなく、

「これから買う漫画は、どのメリット・デメリットの優先順位が高いか」

これを考えて、使い分けることが正解ではないでしょうか。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる