【厳選】車内で便利!音声学習にオススメのアプリ3選

<span class="fz-12px">車内で</span><br><span class="fz-12px">勉強したい人</span>
車内で
勉強したい人

車の移動時間って結構ムダだよな…

何か勉強する方法ないかな?

移動時間って結構ムダですよね。

そんなムダな時間に勉強する方法として、

「音声学習」があります。

最近は前より更に注目されてきているように感じますね。

本記事では中でも、

  • Voicy(ボイシー)
  • YouTube(ユーチューブ)
  • Audible(オーディブル)

普段、僕が利用しているこの3つの

車内で運転中に利用する際のメリット・デメリットを紹介します。

(※英語学習に最適かは不明です。)

目次

前提として注意してほしいこと

運転中にスマホを操作するのは
マジで危険です!!!

絶対やめましょう!!!

なので、

スマホでアプリを起動しおいて、
Bluetoothで聴くことを前提とします。

そうすれば車のオーディオ機器と、
スマホのBluetoothをオンにしておくだけで、

  1. スマホをしまった状態で車に乗る。
  2. エンジンかける。
  3. 運転する。
  4. 勝手に最後に聞いていたところから再生される。

こんな風に使えます。
メチャクチャ便利ですよね。

ちなみに、
エンジンを切ると再生も勝手に止まります。

(※この自動ON-OFFは設定をちゃんとしないと出来ないかもですが。)

運転中に操作しないためにも、
事前に必要な設定は済ませておきましょう!

車内で勉強するための最適な条件

車内で運転中に勉強するというのは、

普通の勉強や、歩きながらの勉強とは違って、

交通事故を起こしてしまう危険

これが常に存在します。

これを踏まえて、
僕が考える車内で勉強するための最適な条件は、

  • アプリに意識が持っていかれすぎないこと
  • 聴くだけでためになるコンテンツの充実
  • 操作しなくても「聴きたいものだけを聴く」ための機能

この3つです。

なのでこの3つを基準に、
それぞれのアプリのメリット・デメリットを紹介します。

Voicy(ボイシー)

Voicy(ボイシー)

Voicy(ボイシー)

無料posted withアプリーチ

Voicyは音声に特化したメディアです。

僕は特に聴きたいものが決まっていないときに利用してます。

そんなVoicyの車内で利用する際のメリット・デメリットを紹介します。

Voicy(ボイシー)のメリット

  • 音声特化である
  • 無料で使える
  • ラジオ感覚での利用に最適

Voicyは音声特化なので、

聴くだけで理解できるコンテンツが揃っています。

コンテンツの内容もラジオ感覚なものが多いので、

運転にも集中できます。

また、ビジネス系YouTuberの方も配信していることが多いので、
勉強するには最適ですね。

Voicy(ボイシー)のデメリット

  • 比較的コンテンツが少ない
  • プレイリストを複数作れない

比較的まだコンテンツが少なめなので、

勉強したい内容が見つからない可能性があります。

また、一人の配信者のコンテンツを再生し続けるなら問題ないのですが、

複数人の配信者のコンテンツを保存したい場合、

「あとで聴く」に保存するしかありません。

そして「あとで聴く」は上限が10件なので、

実質、

作れるプレイリストが「上限10件のプレイリストが1つのみ」です。

これは普通に不便ですよね。

YouTube(ユーチューブ)

YouTube(ユーチューブ)

YouTube(ユーチューブ)

無料posted withアプリーチ

YouTubeは言わずと知れた動画共有プラットフォームです。

僕はより深く理解したいときに、
家で動画で観るのにプラスして、車内で音声で復習するために使っています。

そんなYouTubeのメリット・デメリットを紹介します。

YouTube(ユーチューブ)のメリット

  • コンテンツが充実している
  • プレイリストが作れる
  • スマホの通信量がかからない(プレミアムの場合)

何よりコンテンツが充実しています。

映像メインのコンテンツが多いですが、
音声だけで理解できる動画も多いです。

プレイリストを作れるので、
事前に音声のみでも勉強になる動画を集めておくと、

聴きたいものだけをずっと流しておけます。

プレミアムの場合、
オフラインで再生する機能が使えます。

事前に動画をWi-Fi環境で保存しておけば、
スマホの通信量をかけずに利用できます。

YouTube(ユーチューブ)のデメリット

  • 音声に特化したサービスではない
  • プレミアム会員(¥1,180円/月)じゃないと不便

コンテンツには映像ありきのものがたくさんあります。

音声だけでも理解できるものも多いですが、

場合によっては、
「図解で説明している」動画もありますよね。

音声で「これ」とか「あれ」とか言われても

「???」ってなります。

なので、
事前に音声のみで理解できる動画を選定しておく必要があります。

また、無料で音声を流したい場合、

  • 広告が入る
  • スマホの通信量がかかる
  • スマホの再生画面をつけっぱなしにする

この状態になります。

なので、
快適に使うためにはプレミアム会員が必須になります。

Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)

無料posted withアプリーチ

AudibleはAmazonが提供するオーディオブックサービスです。

僕は読んだ本の復習をしたいときに使うようにしています。

そんなAudibleのメリット・デメリットを紹介します。

Audible(オーディブル)のメリット

  • 音声で読書が出来る
  • 本でしか得られない知識を得られる
  • プレイリストが作れる

何よりの強みは、

本でしか得られない知識を音声で得られることです。

また、

忙しくて読書したいけど出来ない人がや、
文字を読むのが苦手だけど読書したい人にとって、

音声で読書が出来る強みもあります。

YouTubeと同様で、

プレイリストを作成することも出来ます。

Audible(オーディブル)のデメリット

  • 内容が「文字で読む」前提のコンテンツを音声化している
  • ビジネス本は読み手が単調に聞こえてしまう
  • 本の内容なので理解が難しい場合が多い
  • ¥1,500円/月である

本の内容を音声化しているという性質上、

注釈とかも全部読まれます。
なので少しテンポが悪い感じがします。

また、

コンテンツの作者、
要するに本の著者と読み手が異なります。

読み手の方はプロなのでメチャクチャ上手いんですが、
コンテンツの作者ではないので、どうしても単調に聞こえてしまいます。
そうすると内容が頭に入りにくく感じるんですよね。

そしてビジネス本の内容はやはり難しいものが多いです。

運転中はどうしても音声の内容を聞き逃しがちになります。
そうすると、内容についていけなくなったりします。

そして何より、

¥1,500円/月です。
月1冊本が無料なので、実質1冊の本の料金みたいなものですね。

ただ、同じ月の2冊目からは本の料金がかかります。

まとめ

【厳選】車内で便利!音声学習にオススメのアプリ3選

最後にまとめです。

メリット

Voicy(ボイシー)

  • 音声特化である
  • 無料で使える
  • ラジオ感覚での利用に最適

YouTube(ユーチューブ)

  • コンテンツが充実している
  • プレイリストが作れる
  • スマホの通信量がかからない(プレミアムの場合)

Audible(オーディブル)

  • 音声で読書が出来る
  • 本でしか得られない知識を得られる
  • プレイリストが作れる

デメリット

Voicy(ボイシー)

  • 比較的コンテンツが少ない
  • プレイリストを複数作れない

YouTube(ユーチューブ)

  • 音声に特化したサービスではない
  • プレミアム会員(¥1,180円/月)じゃないと不便

Audible(オーディブル)

  • 内容が「文字で読む」前提のコンテンツを音声化している
  • ビジネス本は読み手が単調に聞こえてしまう
  • 本の内容なので理解が難しい場合が多い
  • ¥1,500円/月である

以上となります。

この記事が、
車内で勉強する役に立てたら嬉しいです。

Voicy(ボイシー)

Voicy(ボイシー)

無料posted withアプリーチ

YouTube(ユーチューブ)

YouTube(ユーチューブ)

無料posted withアプリーチ

Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)

無料posted withアプリーチ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる