【16時間断食】1ヶ月リーンゲインズ生活をした感想

「なんか太ってきたかも…」

凡人アラサーリーマンのアズキです!

  • コロナの自粛太り
  • 正月太り
  • 一人暮らしで太った
  • 年取って代謝落ちて太った
  • なんかもう普通に太った

生活や年齢が変化すると「太る」ことってありますよね。
僕も一人暮らしを始めた時は普通に太りました!

  • 身長:173cm
  • 体重:62kg→67kg
  • 体脂肪率:17%→23%

こうやって数字で表れるとマジでショック受けるんですよね…。
(当時はこれがきっかけで筋トレ始めました。)

そこで手っ取り早く痩せるために1ヶ月「16時間断食」ことリーンゲインズを試しました。

「ぶっちゃけ173cmで体重67kgとか太ってなくね?」って感じですが、それでも痩せたんですよね。
やっぱり食事制限ってすごい。

本記事では、僕が1ヶ月リーンゲインズ生活をした結果について紹介します!

目次

リーンゲインズってなに?

リーンゲインズのルールをまとめます。

  • 1日16時間連続でカロリー摂らない。
  • それ以外の8時間は自由に飲み食いしていい。
  • 筋肉を落としたくない人は筋トレもする。

こんな感じです。
要するに、『1日8時間しか飲み食い出来ない』ってことですね。

ちなみに、断食する16時間の間は、カロリー0なら飲んでもokです。

  • ブラックコーヒー
  • お茶

などなど。

これだけなんです。
結局リーンゲインズは、摂取カロリーを抑える仕組みを作っているだけです。

断食と言っても「食べる回数と時間を減らすことで、食べる量を減らそう!」って感じ。

だから「プチ断食」とか言われたりもします。

時間は12:00~20:00がオススメ

リーンゲインズをやる!となったらまず8時間を何時から何時にするか決める必要があります。

夜食べないのはキツイと思うので、朝食を抜くのがオススメです。

サラリーマンは日中の業務時間にガッツリ飲み食いは出来ないと思います。
人目を気にしなければ出来るかもしれないけど、毎日やったら多分怒られます(笑)

なので、12時にお昼ご飯は食べましょう。

12時をスタートにすると8時間後なので、終了は20時になります。
そうすれば夜ご飯を食べる時間も確保できますね。

なので時間は下記になります。

12:00~20:00

僕も実際この時間でやりました。

朝食を抜くだけの生活です。
なので案外普通に出来ます。

結果

僕が1ヶ月リーンゲインズを続けた結果が下記です。

結果
  • 体重:67kg→63kg
  • 体脂肪率:23%台→18%台
  • 見た目:時間が経つごとに「痩せた?」って言われるようになった
  • 体型:履いてたズボンがベルトの穴1つ分緩くなった。

1ヶ月で見た目にも表れるくらい変わりました。
「なんか痩せた?」はマジでたくさん言われましたね。

ちなみに僕は1ヶ月間リーンゲインズに加えて運動もしていました。早く痩せたかったので…
実際にやったことを紹介します。

  • 食事は12:00~20:00昼と夜の2回
  • 昼は「そば」、夜は「高タンパク低脂質中心」
  • 揚げ物、お菓子、ジュース禁止
  • 夜ご飯の後に筋トレ30分
  • 筋トレの後にエアロバイク10分
  • プロテインはノーカンとして飲んでた

こんな感じです。
結果がすぐに欲しい人は、相応の努力が必須です。

個人的な感覚としてはやはり運動よりも食事制限のほうが効きますね。

やってみると案外きつくない

人によるかもですが、僕はキツさは感じませんでした。

朝ご飯を食べない生活も、1週間くらいすると慣れてきます。
人間の適応力は凄いですね。

自由に食べられる8時間の間ほぼ会社にいるので、間食する食べ物は持って行ってました。
「素焼きアーモンド」、「プロテインバー」、「一口ようかん」など。

ただ、早く痩せたいがために追加した「エアロバイク」は正直つらかったですね。
普通にやめたくなりました。

でも「リーンゲインズ」自体につらさは全く感じませんでした。

リーンゲインズのメリット

リーンゲインズ生活を1ヶ月してみて感じたメリットは下記です。

メリット
  • 朝ご飯を食べないから時間に余裕ができる
  • 午前中は集中力が上がる
  • 1ヶ月でも見た目が変わる
  • 糖質制限は必要ない
朝の時間に余裕ができる

朝の時間に余裕が持てるのは良いですよね。
起きてから「あ、飯食わなくていいのか。やることねーや」ってなる。

いつもより少し長く寝るもよし、身支度をゆっくりするもよし。
朝の時間を有効活用できます。

空腹で集中力が上がる

これは残念ながら人によると思います。

  • 「集中力が下がる」
  • 「集中力が上がる」

調べるとどっちの意見も出てくるのでやってみないと分からないです。
自己暗示かもしれませんが、僕は上がったように感じました。

1ヶ月でも見た目が変わる

先ほど触れましたが、1ヶ月でも「痩せた?」って言われるくらい変わりました。

自分では分からなかったけど、顔が細くなったと言われましたね。
合計10人くらいに言われたので間違いないと思います。

そして何より体重計に乗ると数字で結果が表れます。
体重が減る、体脂肪率が減る。やっぱり数字で見ると実感が湧きますよね。

糖質制限は必要ない

糖質制限をしなくていいのは結構大きい利点です。
やっぱり「ごはん」とか「麺」とか食べたいですよね?

だからと言って、8時間の間に毎回爆食いしてたら普通に太るので気を付けましょうね!
あくまで普段通りに過ごしましょう。

それと、脂質は多少気にしたほうがいいです。
三大栄養素の「炭水化物」「タンパク質」「脂質」
この中で脂質が一番カロリーが高いです。

三大栄養素のカロリー
  • 炭水化物:1グラムで4キロカロリー
  • タンパク質:1グラムで4キロカロリー
  • 脂質:1グラムで9キロカロリー

このように、2倍以上高いです。

そして脂質は普段食べるものに入っていることが結構多いです。
成分表示を見てみると「え…?」ってくらい入ってたりします。

「揚げ物」とか特に注意ですね!

リーンゲインズのデメリット

リーンゲインズ生活を1ヶ月してみて、僕が感じたデメリットは特にありませんでした。

でも、考えられるデメリットは複数あるので紹介します。

デメリット
  • 女性には不向き
  • 最初の1週間がつらい
  • お酒を飲む人は制限することになる
女性には不向き

このリーンゲインズは女性には不向きだそうです。
やる場合は、断食する時間は12~14時間が推奨されています。
なので、『10~12時間は自由に飲み食いできる』という感じですね。

ただ、生理不順になった人もいるようなので、よく検討してからやるようにしましょう。
参考になりそうなサイトを貼っておきます。

最初の1週間がつらい

人によっては最初の1週間がつらいかもしれないです。

先ほど1週間で慣れると言いましたが、逆に最初の1週間はいつもと違いました。
僕の場合は年末年始の長期休暇を利用して始めたので、仕事に影響は出ませんでした。

心配な人は、休みの日に出来そうかどうか試してみるのがオススメです。

お酒を制限することになる

カロリー摂取の時間は20:00までなので、平日は酒を飲む時間がなくなります。

なのでお酒が好きな人はかなりキツイと思います。

「休日の日中に飲むしかない!」となるかもしれませんが、あまりおススメできません。
お酒のカロリーが高いというのもありますが、一緒に食べるおつまみがカロリー高くなりがちですよね?

また、アルコールは筋肉を分解する作用があります。
恐ろしいですね。

理想的な身体を目指すなら、お酒は悪影響が多いので気を付けましょう。

継続するために

継続するために僕が意識していたことは、厳密にしすぎないことです。

  • 「20時3分!?食べてるもの吐かなきゃ!」
  • 「断食中なのにカロリーある飲み物飲んじゃった…代わりに昼飯抜こう…」
  • 「ミンティアってカロリーあんの!?50粒で22kcalだから…1粒0.44kcal…アウト、かな」

こんなことをやっていると、シンプルに精神が病みます。
ストレスでかえって太りそうですよね。

何回も続くとやる気もなくなっていきます。

少しルールからはみ出たところで、積み上げたものがいきなり0になるわけじゃありません。
僕も1ヶ月間、時間内にプロテインは普通に飲んでました。

かといって甘くなりすぎて、普通にカロリーを摂り始めたら元も子もないです。

適度にバランスを保ちながら、あくまで摂取カロリーを減らすのが目的であることを思い出しましょう。

最後に

痩せるって大変ですよね。

「痩せるなら運動!」というイメージがありますが、僕は「食生活の改善!」が一番近道だと思います。
今回のリーンゲインズを通して改めて実感しました。

摂取カロリー < 基礎代謝 + 消費カロリー

究極的にはこれさえ満たせば痩せるはずなんです。

なので、まずは「リーンゲインズ」で摂取カロリーを抑えるところから始めてみませんか?

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる