朝の腹痛って地獄すぎない?【2年間腹痛知らずの生活習慣】

~車で通勤中~

「いきなり腹が痛すぎる…!!!」
「次の信号赤で止まったら終わりだなこれは…」
「前の車おっっっそ!はやく行ってくれえええ」
「…漏らしたら会社に電話して帰ろう(瀕死)」

~数分後~

「あっぶねええええ何とか間に合ったああああ!!!」

まさに地獄から天国。

こんな経験1度はあるんじゃないでしょうか。

「我慢した先に待ってるあの解放感がたまらないんだ!」
という人は無理に止めませんが、

あの地獄は2度と経験したくないですよね。

何より車通勤の人は事故りかねない。

そこで、

2年以上腹痛になっていない僕が、

「こんなことを続けたら改善した!」

という生活習慣を紹介します。

(※あくまで個人的な経験に基づくものです。)

目次

結論:食生活改善、早起き、運動

結論から言ってしまうと、

  • 食生活を改善する。
  • 早起きする。
  • 運動(筋トレ)する。

この3つを続けた結果、

腹痛にならない身体になりました。

朝だけではなく、

もうずっと腹痛になっていません。

このままだと曖昧なので、

具体的な詳細を順番に紹介していきます。

食生活の改善について

(※紹介する朝食はこれではありません。)

食生活改善の具体的な内容は、

  • 朝食はオートミールとプロテインのみ。
  • 牛乳を飲まない。

上記の2つです。

おまけで、

「朝食を食べない」

という選択肢についても触れます。

オートミールを食べる

僕の朝食を紹介します。

  • オートミール:60g
  • プロテイン:1食分(30g)
  • フィッシュオイルのサプリメント:2g
(※朝食です)

さっきの画像との差(笑)

ちなみに友達に見せたら、

「ヤバい。」

って言われました。

今回プロテインとサプリメントは関係ありません。

ちなみにプロテインは水で割って飲んでます。
白いのは練乳味だからです。

重要なのはオートミールです。

オートミールはご飯に比べて
食物繊維が多いらしいです。

個人的には、このオートミール生活が、

一番効果があったと感じました。

朝食はオートミールにする。

牛乳を飲まない

「朝食は牛乳を飲む」

日本はなんだかそういう風潮がありますよね。

僕も実家に住んでいたころは、
毎日牛乳を飲んでいました。

そして小学生のときも、
給食で毎日牛乳が出ていました。
(今はどうなんだろう。)

しかし日本人は、

乳糖不耐症

という体質の人がほとんどだそうです。
(所説あるみたいですが。)

簡単に言うと、

牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が少ない。

そんな体質のことです。

乳糖を分解できずに、腹痛が起きるみたいですね。

実際、

「お腹壊すから牛乳嫌い。」

って人もいますよね。

なので朝に牛乳を飲んでる人は、

それが腹痛の原因かもしれません。

よっぽどのこだわりがない限り、

なんとなく続けてるその習慣を
やめてみてはいかがでしょうか。

朝に牛乳を飲む習慣をやめる。

朝食を食べないという選択肢

朝お腹が痛くなるなら、

「そもそも何も食べなければいいじゃん」

そういう意見もあると思います。

実際、

「朝食を抜くと集中力が上がる。」

そんな話もあります。

試しに1ヶ月ほど実践したことがありますが、

  • 1週間くらいで慣れる。
    (空腹にならなくなった。)
  • 集中力が上がった感じがした。
    (プラシーボ効果かも。)
  • 体重が2kg減った。

こんな結果になりました。

僕は体重を落としすぎるのも嫌だったので、

今はやっていませんが、

「朝食を食べない。」

という選択肢はありだと思います。

朝食を抜いてみる

早起きについて

朝お腹が痛くなることによって

何が問題か考えました。

  • 時間がないからトイレに行くと遅刻する。
  • トイレにすぐ行けない状況が多い。
  • 社会的に死にかねない恐怖。

こんな感じですよね。

この全てを解決する手段、

それが「早起きをする」です。

「朝はギリギリまで寝たいから無理。」

そういう人も多いと思います。

僕も毎日ギリギリの時間に出社していました。

でもある日考えました。

「ギリギリに出社する理由って何だろう?」

多分ですが、

「会社が嫌だから。」

だと思うんですよ。
マジで行きたくないんですよね。

でも結局行かないといけないから、
ギリギリに出社することになるんです。

これって良いこと無くないですか?

得られるものはおそらく、

「ギリギリまでダラダラする気持ち良さ」

これだけだと思うんです。

それと引き換えに、

  • 朝の腹痛地獄と社会的に死ぬリスク
  • 遅刻するかも!という焦り
  • 焦りからくる事故などのリスク

こんなデメリットが発生してます。

シンプルに損してる感じしません??

ならいっそ会社に早く出社すればいいと思います。

それに朝ダラダラ家でやっていることは、

意外と会社でもできます。

寝る、スマホいじる、ぼーっとする。

会社にいれば遅刻の心配もありません。
トイレも自由に行けます。

ちなみに僕は読書したり
ニュース読んだりしてます。

なので早起きして、

余裕を持った行動をしてみてはいかがでしょうか。

早起きして行動に余裕を持つ。

運動(筋トレ)する

前述した乳糖不耐症による腹痛もありますが、

過敏性腸症候群

による腹痛の可能性もあります。

「なんじゃそりゃ」

って感じですが要は

大事な面接の前とかに、

「緊張して腹めっちゃ痛い」

みたいなやつですね。

一時的なストレスが原因で起こります。

だからと言って、

「じゃあストレスの元を断つため会社辞めるか!」

というのは現実的じゃないですよね。

ならせめて、

ストレスを和らげる習慣

これを身につければ改善できるかもしれません。

そこで提案するのが、

「運動(筋トレ)すること」です。

筋トレをすると、

セロトニンが分泌されます。

セロトニンには精神安定効果があるそうです。

その他にも筋トレは、

  • 身体が引き締まる
  • 自分に自信がつく
  • 加齢による衰えの予防

こんな効果も期待できます。

メリットだらけですね。

ちなみに上記は

僕が実際に2年以上筋トレを継続して
感じたメリットです。

まずは、

「腹筋毎日10回する」
「プランク毎日1分する」

くらいでもいいので、

身体を動かしてみてはいかがでしょうか。

ストレス解消のために運動(筋トレ)をする。

まとめ

生活習慣の改善で朝の腹痛から解放される!

紹介は以上となります。

最後にまとめです。

  • 朝食はオートミールにする。
  • 朝に牛乳を飲む習慣をやめる。
  • 朝食を抜いてみる。
  • 早起きして行動に余裕を持つ。
  • ストレス解消のために運動(筋トレ)をする。

この記事が少しでも

生活を変えるきっかけになればうれしいです。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる